中華屋 啓ちゃん(荻窪)、町中華の魅力、参上!金色のごはん泥棒、木耳玉子定食

グルメ
荻窪駅北口から歩いて10分以内、天沼八幡神社に向かい、
少し住宅街に入っていった方にあります
荻窪駅には、昔ながらの町中華も多く見受けられますが、
比較的新しいのかな?店主は若くみえます
店主の啓ちゃんこと、幸田啓氏は、
新中野の町中華の名店「尚ちゃん」で修業した経歴の持ち主、2011年創業
このお店、昼時は非常に混んでいて、満席であることもしばしば
時間をズラし訪問するのがおススメ
お店に入るとコの字型のカウンターが広がり、調理している姿もよく見えます
おそらく、1人で料理を作っているので、順番や待ちについては、状況によりマチマチ
入り口右側に券売機がありますが、PayPayでの支払いも可能であり、
PayPayの場合、注文する品を店員に伝え、携帯から金額を打ち込み支払いをすることになります
ちなみにメニューは以下のとおり、素晴らしい町中華のメニューです
町中華でありながら、カレーライスもおススメらしい
どのメニューも美味しそうです
卓上には、コショウなどの定番の調味料がそろっています
スポンサーリンク

生姜焼定食(2022年3月30日)

たまに食べたくなるんですよね

生姜焼定食(800円)を食べてきました

ご馳走様でした

木耳玉子定食(2022年3月3日訪問)

この日は、木耳玉子定食(800円)を注文しました
入り口に掲示されているように、雑誌でも紹介されたことのあるこのお店の人気定番メニュー
PayPayで支払い、出来上がりを待ちます、そして到着
さて木耳玉子を早速食していきます
豚肉の旨味、木耳の食感、そして甘辛のタレ、玉子の感じが黄金を彩ります
マジでごはんが進みます
さらに、ライスに丼ぶりのように木耳玉子のタレを絡めながら食します
ご馳走様でした

チャーハン+半ラーメン(2022年3月1日訪問)

町中華にあるチャーハンって魅力ですよね

強い火力で仕上げる、本格チャーハンは、ついつい頼んでしまいます

今回は、チャーハンのみでなく、半ラーメンを追加しました

チャーハン(700円)+半ラーメン(250円)

ドーム型のチャーハンに紅ショウガがよく似合います

そして、半ラーメンらしからぬ大きな器にラーメンが入り出ていきました

 

レンゲですくいチャーハンを食していきます

具材は、チャーシュー、ネギ、玉子とシンプル、紅生姜が添えられた褐色のチャーハン

店主が、大きな鍋を振りながらチャーハンを仕上げる姿も面白い

まずは一口頂くと、見た目よりはパラパラしたした感じ
硬めの炊きあがりのごはんが均一に炒められて、空気を含んだ形でふんわりとしている
そして、紅ショウガがいいアクセントになります

半ラーメンです

スープです

醤油味の中華スープといった感じ、器とい一緒で大目の分量

麺です

麺は通常の半分くらいの量でしょうか

半サイズのチャーシューが一枚

メンマです

玉子です

レアでなく、ハードなタイプの玉子が半分といった感じ

最近、町中華好きです

半ラーメンは、少し物足りない気はしますが、

チャーハンは、醤油味、そしてなぜかまた食べたくなる

ボリュームも満点です

横に添えられた紅ショウガがまたいい感じ

このお店は、どのメニューも、ボリューム、味ともに間違いなく美味しいです

他のメニューもいろいろ食しながら、紹介もしていきたいと考えます

ご馳走様でした

『中華屋啓ちゃん』のブログ
啓さんのブログです。最近の記事は「お願いします!」です。

関連ランキング:中華料理 | 荻窪駅

タイトルとURLをコピーしました