ラーメン豚山 荻窪店(荻窪)、横浜家系ラーメンと同系列の二郎系インスパイア、ニンニク少し、野菜、アブラ、カラメ

グルメ

荻窪駅近くにあるラーメン豚山に行ってみた

ラーメン豚山は、横浜家系ラーメンの横浜商店と同じ系列のお店です

個人的には、横浜家系ラーメン屋のつくる二郎系インスパイアラーメンとして注目しています

なんか二郎系のお店は、黄色を採用しているお店が多いですよね

特徴としては、

  • 強いスープにコクのある醤油ダレ
  • やわらかいぶた肉(5時間ほど煮込むらしい)
  • ボリュームたっぷりの野菜
  • スープは大量のぶた肉と背ガラ、ゲンコツ、背脂を数十時間炊き、それをぶたの旨味を幾重にも重ねた深みのあるスープ
  • 麺は強力粉を使用した食べ応えのある太麺

店に入ると、左側すぐに券売機があり、そこで食券を購入します

今回は、「小ぶた」(麺250g 豚5枚)980円を購入

水はセルフサービスになっています

席に着くと目の前には注文方法が書かれたおりそれを一読します

まずは、ニンニク・・・どうしようかなぁ・・・少しにします

そして、野菜、アブラ、カラメで注文しました

注文の際は、本家ラーメン二郎だと、店員からの圧で緊張しますが、

豚山さんは、それよりは圧はないので、

二郎経験のない、そんな人の二郎系導入としては入りやすいかと思います

しばらくすると、ラーメン到着

ニンニク多くないですか・・・(汗)

「ニンニク少なめ」が通っていなかったのかもしれません

でそろったからには、しょうがないです、ちゃんと食べます

まずは、具で隠れた麺をすくいあげ、野菜とニンニク、アブラを混ぜます

そして、表に出てきた太麺を野菜と一緒に食べまくります

豚5枚のボリュームもなかなかのものであり、柔らかく美味しくもあります

この豚、好きなんですよねー

ついつい、小ラーメンでなく「小ぶた」にする所以なのです

この豚に、二郎系のがっつりラーメン、たまに食べたくなるラーメンです

ただし、ニンニク多めなので、そこには注意が必要です

関連ランキング:ラーメン | 荻窪駅

タイトルとURLをコピーしました