常陸國總社宮(茨城県石岡市)、手塚治虫とコラボ=ジャングル大帝の限定御朱印帳をゲット

寺社巡り

 

茨城県石岡市にある常陸國總社宮、

ここでは、ある御朱印帳を期間限定で入手することができます

それは漫画家・手塚治虫の「ジャングル大帝」とコラボした御朱印帳です

例大祭の獅子と、『ジャングル大帝』の主人公である白獅子・レオが描かれています

御朱印帳を購入した時にカバーの後ろにシールが貼ってあり

それが「三つ目がとおる」のキャラになっています

 

配布時期は、正月と例大祭(9月)のみ

 

そもそも何故、手塚治虫とのコラボなのか?

現在の石岡市が府中松平藩と呼ばれていた江戸時代末期、藩主・松平播磨守に仕えた

手塚良庵という藩医が、手塚治虫のご先祖になります

常陸国総社宮では当地と手塚治虫の御縁にちなみ、

風土記勅撰千三百年の平成25年、手塚プロダクションの協力を得て
手塚作品を象った授与品の頒布を開始することになったそうです
今回は、9月の御朱印帳を入手しに行きました
他、限定の御朱印もゲットです(左が通常の御朱印、右が限定の御朱印)
拝殿の向かい側に祀られている腰掛石
伝説によれば東国の旅でこの地を訪れたヤマト・タケルがこの石に腰かけて休んだとされています
樹齢600年とされる御神木です

タイトルとURLをコピーしました