素鷲神社(茨城県小美玉市)、いろんな限定御朱印をいただける神社

寺社巡り

茨城県小美玉市にある素鷲神社、

同神社の創建は1529年、神社近くを流れる園部川に流れ着いた神像を祭ったのが始まり

拝殿には見事な竜やこま犬の彫刻が施され、古社の趣十分に感じられます

それに係る御朱印帳や、限定の御朱印がいただけます

ちょいと期間限定での種類が多すぎて、集めるのは大変そう・・・

「祭神画御朱印」と干支(えと)を描いた「神獣画御朱印」を頒布

色鮮やかに描かれるのは祭神である

「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」と

「櫛稲田姫(くしいなだひめ)」(スサノオノミコトの妻)

ポーズや絵柄などが時期によって異なります

御朱印帳に記載いただき、限定のうち1つ「素戔嗚尊」のものをいただいてきました

御神木のケヤキ

樹齢は五百年以上といわれており、天然記念物に指定されています

樹高は約三十五メートル、目通り幹周囲は約六メートルを誇ります

 

タイトルとURLをコピーしました