丸長中華そば店(荻窪)、荻窪を代表する中華そば店、チャーシューたっぷり、つけ麺のルーツ

グルメ

荻窪駅の南口より歩いて数分のところに、昼頃になると古い中華そばのお店に行列ができています

このお店は、創業昭和23年、長野蕎麦職人であった青木勝治氏を中心に、

5名の有志が開業した中華蕎麦店です

創業時の5名はそれぞれ独立し、荻窪丸新、中野永楽、荻窪栄龍軒、中野大勝軒と、この丸長の味を広げていったわけです

また、このお店で修業したのが、東池袋大勝軒の創業者、故山岸一雄氏であり、

つけ麺を日本に広く普及させたことでも有名です

 

そんなつけ麺のルーツともいえるのがこの丸長ではないでしょうか

 

この日は、いつも通り店の前には6人ほど並んでいました

待つこと数十分、カウンター席に案内されます

 

店の中には、メニューが張り出されています

 

また席にはメニュー表も準備されています

 

しばらくすると、注文をとりにきました

 

今回頼んだのは、チャーシューつけ麺、大盛

 

カウンターですので、つけダレをつくる店主の姿がよく見えます

すげー、コショウと塩入れてます

そして何やら、黒い液体を入れながら完成されていきます

 

つけダレはこんな感じです

器からあふれんばかりのチャーシューが嬉しい限りです

 

そして麺は

大盛のツヤツヤした麺に、刻みのりがふりかけられています

 

このままでは、つけダレに少し麺を入れにくい・・・

 

麺の器にチャーシューを少し移して、麺を入れるスペースを確保し食べていきます

 

つけダレは、醤油、酸味があり、コショウも効いておりスパイシーな濃い味、

そこに麺を絡めながら食べ進みます

このつけダレに、この麺の相性はよく、美味しく食べ進めることができます

そこに、大量のチャーシューのアクセントが加わります

 

目の前にある調味料で、味変して食べ進むのもありです

 

食べ進めると、器に丸長の文字が現れ、少しうれしくなり写真を撮ってしましました

 

ここで、最後に、スープ割をもらいます

 

荻窪にある、つけ麺のルーツ、

つけ麺好きなら、この歴史と味を試してみてはいかがでしょうか

関連ランキング:つけ麺 | 荻窪駅

タイトルとURLをコピーしました